テーマ:英語

英語のことわざ30 Where there…

Where there is a will, there is a way. (フェア ゼア イズ ア ウィル ゼア イズ ア ウェイ) 訳:意志あるところに道あり  最初の「where(フェア)」は疑問詞なら、場所を尋ねる「どこ」ですが、ここでは関係副詞として、「…するところ(場所)」という意味になります。  「will…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

英語のことわざ29 Tomorrow is …

Tomorrow is another day. (トゥモロウ イズ アナザー デイ) 訳:明日は別の日だ(明日は明日の風が吹く)  「another(アナザー)」がまた出てきました。今日までどんなつらいことがあっても明日はまた別の日だから気を取り直して生きて行こう、といった意味です。自分自分や人を慰め、あるいは励ます場合に使…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

英語のことわざ28 To know…

To know is one thing and to teach is another. (トゥ ノウ イズ ワン シング アンド トゥ テイーチ イズ アナザー) 訳:知っていることと教えることは別物だ  「one(ワン)」は「ひとつの」、「another(アナザー)」は「もうひとつの(もの)」です。この二つの言葉はけっこ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

英語のことわざ27 There is…

There is no royal road to learning. (ゼア イズ ノウ ロイヤル ロード トゥ ラーニング) 訳:学問に王道なし  意味は、何かを学ぶのに安直な方法はない、こつこつやる他はないということです。  昔、ある王様が幾何学を学んでいたところ、あまりにも難しいので、幾何学の先生に「簡単な方法はない…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

英語のことわざ26 The proof…

The proof of the pudding is in the eating. (ザ プルーフ オヴ ザ プディング イズ イン ジ イーティング) 訳:プディングの味をみるには食べてみることだ。(論より証拠)  「proof(プルーフ)」は「証拠」「検査」などの意味があります。「pudding(プディング)」は日本では…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

英語のことわざ25 The pen…

The pen is mightier than the sword. (ザ ペン イズ マイティアー ザン ザ ソード) 訳:ペンは剣よりも強し  またまた「gh」を発音しない単語が出てきました。「マイティ」と言えば、かなり昔のことですが、「マイティ・マウス」とか「マイティ・ハーキュリー」とかいうアニメがありました。  「…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

英語のことわざ24 The early…

The early bird catches the worm. (ジ アーリー バード キャッチイズ ザ ワーム) 訳:早起き鳥は虫を捕まえる(早起きは三文の得)  「the」は子音の前では「ザ」ですが、母音の前では「ジ」という発音になります。 (実のところ「th」の音は日本語にはないので、「ザ」とか「ジ」とか書くのはちょ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

英語のことわざ23 Talk of …

Talk of the devil and he will appear. (トーク オヴ ザ デヴィル アンド ヒー ウィル アピアー) 訳:悪魔について話をしなさい、そうすれば彼(悪魔)が現れる(噂をすれば影)  前半の「Talk of the devil」は、動詞から始まっているということは、命令形です。 「命令形+a…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

英語のことわざ22 Strike while…

Strike while the iron is hot. (ストライク ホワイル ジ アイアン イズ ホット) 訳:鉄は熱いうちに打て  「strike(ストライク)」は野球用語としてなじみがありますが、ここでは「打つ」という意味で使われています。(「ストライキ(をする)」という意味もあります。)  「while(ホワイル…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

英語のことわざ21 Seeing is …

Seeing is believing. (シーイング イズ ビリーヴィング)) 訳:見ることは信じること(百聞は一見にしかず)  「seeing(見ること)」も「believing(信じること)」もそれぞれ「see(見る)」、「believe(信じる)」に~ingがついた動名詞です。動名詞は「~すること」と訳します。   …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

英語のことわざ20 Rome was…

Rome was not built in a day. (ローム ワズ ノット ビルト イン ア デイ) 訳:ローマは一日で建設されない(→ローマは一日にしてならず)  イタリアのローマのことを英語では「Rome(ローム)」と言います。古代ローマ帝国の首都としてのローマ、あるいはローマ帝国そのものを示しています。  大きな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

英語のことわざ19 Out of sight, …

Out of sight, out of mind. (アウト オヴ サイト, アウト オヴ マインド) 訳:視界から離れると心からも離れる(→去る者日々に疎し)  「Out(アウト)」はスポーツ用語としてなじみがありますが、基本的な意味は「~の外へ」です。「out of~」で「~の中から外へ」「~から離れて」となります。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

英語のことわざ18 No news…

No news is good news. (ノウ ニューズ イズ グッド ニューズ) 訳:便りのないのは良い便り  「news」は「ニュース」と日本語化していますが、英語の発音としては「ニューズ」となります。元々の意味は「便り」「知らせ」で、それが報道番組としての「ニュース」ともなりました。 「no news」は直訳すると…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

英語のことわざ17 Misfortunes never…

Misfortunes never come singly. (ミスフォーチュンズ ネヴァー カム シングリー) 訳:不幸は決して単独ではやってこない(泣きっ面に蜂・踏んだり蹴ったり)  「Misfortune」(ミスフォーチュン)は、長い単語でいかにも覚えにくいですが、こういう場合は「mis」と「fortune」という二つの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

英語のことわざ16 Like father…

Like father, like son. (ライク ファーザー、ライク サン) 訳:この父にして、この子あり  「like」は「~を好む」という動詞として最初に習いますが、この場合の「like」は「~のように」「~に似て」という意味の別の言葉です。  「father」や「son」を別の言葉に入れ替えて使うこともよくあ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

英語のことわざ15 It is no…

It is no use crying over spilt milk. (イット イズ ノウ ユース クライング オウヴァー スピルト ミルク) 訳:こぼれたミルクのことで嘆いても無駄である(→覆水盆に返らず)  「use」は、「使う(動詞)」なら「ユーズ」、「使用(名詞)」なら「ユース」と発音します。「It is no u…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

英語のことわざ14 Hunger is…

Hunger is the best sauce. (ハンガー イズ ザ ベスト ソース) 訳:空腹は最上のソース。(空腹にまずいものなし)  「hunger」は「空腹」、「飢え」という意味です。形容詞の「hungry(空腹である)」の方が日本語でよく「ハングリー精神」などと使ったりしますね。  洋服かけの方のハンガーは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

英語のことわざ13 Heaven helps…

Heaven helps those who help themselves. (ヘヴン ヘルプス ゾウズ フー ヘルプ ゼムセルヴズ) 訳:天は自ら助くる者を助く  「Heaven」と大文字で始めて、「天国」、あるいは「神」を意味します。小文字で始める「heaven」だと、「天国のようなすばらしいところ」、「(地上の)楽園」…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

英語のことわざ12 Hast makes…

Haste makes waste. (ヘイスト メイクス ウェイスト) 訳:急ぐことは無駄を作る(急いては事をし損じる)  「haste」は「急ぐこと」あるいは「あわてること」という意味です。「waste」は「無駄」「廃棄物」などの意味があります。「ヘイスト」と「ウェイスト」で韻を踏んでいて言いやすいですね。  これと似た…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

英語のことわざ11 Evry dog…

Every dog has his day. (エヴリ ドッグ ハズ ヒズ ディ) 訳:どんな犬にも全盛期がある。(だれにでも全盛期がある)  「day」は、普通は「日」「昼間」などの意味で使われますが、この場合は「全盛期」「輝かしい時代」という意味です。ことわざではよくたとえが使われますので、この場合の「dog」は、人を示し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

英語のことわざ10 Even Homer…

Even Homer sometimes nods. (イーヴン ホウマー サムタイムズ ノッズ) 訳:ホメロスでさえも時々居眠りをする(→弘法にも筆の誤り)  「Homer」はホームランのことではありません。古代ギリシャの詩人ホメロスを英語ではこう言います。ホメロスは、トロイア戦争の一場面を描いた叙事詩『イリアス』や英雄オ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

英語のことわざ9 Even a worm…

Even a worm will turn. (イーヴン ア ワーム ウィル ターン) 訳:虫けらでさえも反撃してくる(→一寸の虫にも五分の魂)  「worm」というのは、昆虫という意味の「虫」ではなく、芋虫のような手足のないうねうねした感じの生き物のことです。ミミズやヒルなどもこれに含まれます。  「turn」は「回転する…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

英語のことわざ8 Birds of…

Birds of a feather flock together. (バーズ オブ ア フェザー フロック トゥゲザー) 訳:同じ羽の鳥は共に群れる(→類は友を呼ぶ)  日本語には冠詞がないので、「a」とか「the」とかの冠詞は、一見簡単なようで、なかなか難しいものです。英語学習者のために、冠詞だけで一冊の本が出たりしていま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

英語のことわざ7 Better be …

Better be the head of a dog than the tail of a lion. (ベター ビ ザ ヘッド オヴ ア ドッグ ザン ザ テイル オヴ ア ライオン) 訳:ライオンのしっぽになるより犬の頭になる方がいい。 「better A than B」で「AよりBの方がいい」という意味になります。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

英語のことわざ6 All that…

All that glitters is not gold. (オール ザット グリターズ イズ ノット ゴールド) 訳:輝くもの全てが金とは限らない。  「that」はいろいろな使い方がありますが、この「that」は関係代名詞で、先行詞は「all(全てのもの)」です。「glitter」は「きらきら輝く」という意味です。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

英語のことわざ5 After a storm …

After a storm comes a calm. (アフター ア ストーム カムズ ア カーム) 訳:嵐の後には凪(なぎ)が来る(→雨降って地固まる)  「storm」は「嵐」、「calm」は「凪」(風がやんだ穏やかな状態)。二つの対照的な言葉が使われています。  普通の英語の語順から言えば、A calm comes …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

英語のことわざ4 A rolling stone …

A rolling stone gathers no moss. (ア ロウリング ストーン ギャザーズ ノウ モス) 訳:転がる石は苔を集めない(転石苔生ぜず)  このことわざには二つの意味があります。  ひとつは、「何事も腰を落ち着けてじっくりと取り組まないと大成しない」という意味です。忍耐の大切さを言うことわざで、日本…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

英語のことわざ3 A friend…

 A friend in need is a friend indeed. (ア フレンド イン ニード イズ ア フレンド イン ディード) 訳:まさかの時の友こそ真の友 「need 」は「必要とする」という動詞としても使われますが、この文の場合は名詞です。 「in need」で、「必要な時」あるいは「窮地に陥っている時」…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

英語のことわざ2 A drowning man…

A drowning man will catch at a straw. (ア ドラウニング マン ウィル キャッチ アット ア ストロー) 訳:おぼれる者はわらをもつかむ  「drowning」はつい「ドロウニング」と読んでしまいがちですが、「ドラウニング」です。「drown」の意味は「おぼれ死ぬ」なので、「drownin…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

英語のことわざ1 A bird in the hand…

 私は中学生の時は5教科の中では英語が一番不得手でした。(全教科の中では体育…。)高校1年生の時の英語は10段階の6 (5段階でいえば3) という平凡な成績でした。高校では英語の暗唱文というのがあって、英文をまずは10、次は最初の英文を含めた20、その次は30と段々増えていく中からひたすら10ずつの英文が小テストとして出されるというもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more