サクラサク読書案内(8) 白土三平『忍者武芸帳 影丸伝』

 戦国時代を描いた漫画はとてもたくさんありますが、そのほとんどが戦国武将を主人公として描いています。もちろん、それはそれで面白いのですが、ここではそれらとは観点の異なった作品を紹介しましょう。白土三平の『忍者武芸帳 影丸伝』です。
 戦国時代といえば、戦国大名たちがしのぎを削る様子がクローズアップされがちですが、支配層(武士)VS被支配層(農民など)という大きな対立が見逃せません。実は織田信長などの戦国大名が一番苦しめられたのが土一揆や一向一揆でした。
 主人公の影丸は、仲間の「影一族」と共に得意の忍術を使い、日本の各地で一揆を支援します。
 忍者物を得意とする白土三平らしく、8人の影一族の生い立ちとその独特の忍術が生み出された経緯などもていねいに描かれています。
 影丸の表の仕事は「馬借」という運送業です。馬借は差別される立場の人々でした。こうした被差別の民が活躍するという要素は、のちの『カムイ伝』で、さらに中心的なテーマのひとつとして描かれることになります。
 石山合戦は信長と一向宗徒との間の一大抗争で、この作品でもそれがクライマックスを為しています。

 基本的に農民よりの立場で書かれているこの作品ですが、織田信長を、単なる悪人としては描いていません。残忍な支配者であると同時に、好奇心豊かな面を持ち合わせている合理主義者であるという魅力に満ちた人物として描いています。明智光秀もなかなかの大人物です。本能寺の変については独自の設定で描いていますが、歴史的事実とのつじつまはちゃんと合っているのがうまいところです。

 白土三平の作品は『サスケ』といい、『ワタリ』といい、「え?これで終わり?」という悲劇的な、あるいは中途で打ち切られたような、なんともいえない気分にさせられるものがけっこうあるのですが、この『忍者武芸帳 影丸伝』については、主人公影丸の死という悲劇があるにせよ、生き残った人々が地に足の付いた生活を切り開いていく姿が描かれ、希望のある読後感になっています。このあたりも、白土作品の中で推薦したい理由の一つとなっています。




忍者武芸帳影丸伝 1 復刻版 (レアミクス コミックス)
小学館クリエイティブ
白土 三平

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 忍者武芸帳影丸伝 1 復刻版 (レアミクス コミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック