サクラサク読書案内(4) 岩明均『ヒストリエ』

 『寄生獣』で有名な岩明均が描く『ヒストリエ』では、紀元前4世紀の複雑な古代ギリシャ世界が数奇な運命をたどる主人公エウメネスの目を物の目を通して、非常に興味深く描かれています。
 エウメネス自身は実在の人物ですが、前半生は謎に包まれています。『ヒストリエ』では、エウメネスは、カルディア(現在のトルコ)の富裕な家の次男として教養豊かに育ちながらも、実は「野蛮人」とされた異民族スキタイ人であったとしています。そして、育ての父親の死と同時にそのことが明らかにされ、彼は奴隷の身分となります。しかしその後、伝説のオデュッセウスのように知略で困難を乗り越えた後、マケドニアのフィリッポス王に出会い、さらにその息子アレクサンドロスとも知り合うことになります。
 「文化が違~う」というエウメネスのセリフに代表されるように、彼は様々な民族に出会い、その文化を次々と吸収していきます。
 世界史を学習する際、タテから見る視点とヨコから見る視点の両方が必要となってきます。タテというのは、ある国や地域の古代から現代までの通史を把握することです。ヨコというのは、同時代の世界的なつながりを把握することです。『ヒストリエ』では、このヨコを実感させられます。エウメネスが様々な人と出会うことで、この時代のギリシャ、マケドニア、ペルシャが展望できるのです。
 また政治的な動きだけでなく、この時代の奴隷制度や文化水準についても詳しく描かれています。アリストテレスも一癖ある人物として登場します。『ヒストリエ』を読めば、この時代について教科書に書いてある程度のことは簡単に頭に入ることでしょう。
 
 『ヒストリエ』だけでなく同じ作者の『ヘウレーカ』もお勧めです。こちらは紀元前3世紀末の第二次ポエニ戦争の時代で、アルキメデスが登場します。

ヒストリエ コミック 1-10巻セット (アフタヌーンKC)
講談社
岩明均

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ヒストリエ コミック 1-10巻セット (アフタヌーンKC) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ヘウレーカ (ジェッツコミックス)
白泉社
2013-06-10
岩明均

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ヘウレーカ (ジェッツコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック