テーマ:ニュース

コロナ対策ソング

 毎日、新型コロナウィルスのニュースが絶えません。  ヨーロッパでも感染者が拡大し、特にイタリアでは死者数の累計が中国を上回ったと報じられました。  この原因としてはひとつには、ヨーロッパで高齢化が進んでいることがあげられていますが、特にイタリアでは、ここ数年の緊縮財政により病院の統廃合が進み、設備的にも人的にも手薄になっているとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風邪を引いたら休もうよ(一部再掲)

 2018年2月14日から21日にかけてインフルエンザについての記事を連載したことがあります。  それを改めて読み直してみると、現在問題になっている新型コロナウィルス対策と共通するところが多いので、もういちど掲載してみることにしました。  この「風邪を引いたら休もうよ」という記事は特に重要だと思います。というのも、日本で初めにコロナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

酷暑お見舞い

 暑中お見舞い申し上げます。  「猛暑」を通り越して、もはや「酷暑」と言ってもまだ生やさしいぐらいの今年の暑さです。  近所でも熱中症でお亡くなりになった方がありました。  去年までは冷房をかけずに過ごせた方も、今年は体力が落ちているかもしれません。十分お気をつけください。  相棒の漫画家もこの暑さと仕事が重なり、お盆明けまで休…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪法は小さく産んで大きく育てる

すずな「もし『共謀罪』法案が国会で成立してしまったら、これはもう稀代の悪法になるよ。」 ほうし「でも、これまでだって『共謀罪』はみんなが反対して結局やめになってきたよね。『テロ等準備罪』もその中身が『共謀罪』なんだってことがわかれば、やっぱりみんなが反対するんじゃない?」 すずな「きっぱり廃案になればいいんだけど、批判された…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国法は朕の自由を守るため?

すずな「今日は、別のゲストに来てもらったよ。“L'État, c'est moi.(朕は国家なり)”で有名な…。」 ルイ14世「なにやらみすぼらしい場所であるな。」 すずな「満足なおもてなしはできないかと存じますが、派手にやり過ぎて嫉妬を買うよりもましかと思いまして…。」 ルイ14世「朕がいったい誰を嫉妬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見張られていつの間にやら「犯罪集団」

すずな「まあ、仲間にスパイや裏切り者がいなくても、部屋の外で誰かが聞き耳を立てていたら、それでも『共謀』の証拠を集めることができるよね。」 執事「ふうむ。屋敷の隅々にまで目を光らせねばなりませぬな。」 弁護士「郵便でのやりとりにも気を配った方がいいですな。かつてイングランドでは郵政大臣のジョン・サーローがその権限を利用して手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「共謀罪」疑心暗鬼の種をまく

すずな「さて、奥方様にご子息、執事さんに弁護士さん、それから我らが剣豪ペンペン・グーサと5人の関係者もそろったことですので、昨日の続きを始めましょうか。」 弁護士「『共謀罪』とは、つまり『共謀』しただけで犯罪になってしまうということですが、『共謀』した証拠は必要なのではありませんか。」 すずな「いや、まったくその通りです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「共謀罪」あの人までも犯罪者

すずな「漫画は読んだかな。」 ほうし「もちろん。」 すずな「法律用語で『陰謀』『予備』『未遂』『既遂』ってわかる?」 ほうし「???」 すずな「じゃあ、フーケ脱獄を例に、今の日本の刑法ではどうなるか具体的に見てみようか。まずは『陰謀』だけど、これはどの場面かな?」 ほうし「15-74でグーサが『こうなればも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「テロ準備」名前を変えても「共謀罪」

すずな「せっかく法律の勉強をしたことがあるんだから、今問題になっている法律について取り上げようかな。」 ほうし「『法律』って聞いただけで、難しいって思ってしまうよ。」 すずな「わざと難しくして一般の人が敬遠するようにしていることもあるから、なんとか分かりやすくなるようにがんばってみるよ。」 ほうし「よろしく。」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦争どころじゃない

 先日、口之永良部島で大噴火があったばかりですが、5月30日の晩には小笠原沖でマグニチュード8以上もの大きな地震がありました。同じ日、活火山の桜島では今年に入って600回目の噴火が起こり、これは1955年に観測を開始して以来、最速のペースだということです。箱根でも火山活動が活発化しています。昨秋の御嶽山の突然の噴火による被害、そして東日…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

3月11日に思うこと

 去年の3月11日というのは、3月初めから10日間の休みをいただいていた私のブログが丁度再開した日でもありました。ブログをアップした朝に、よもやあのような事態が起きるとは思わず、昨日と同じ今日が続くという前提で物事を考えていました。  しかし、その日の午後、大阪でも感じた揺れは、多くの人々の命を奪い、取り返しのつかない甚大な被害をもた…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

3月1日に思うこと

 今日、3月1日といえば、「三一独立運動」、つまりソウルで日本からの独立運動が始まった日です。1910年、韓国は日本の植民地とされました。しかし、人々は独立を求め続け、1919年3月1日に、「独立万歳」を叫んで市街を歩く運動が起こりました。その運動は瞬く間に朝鮮半島全土へと広がっていきましたが、激しい弾圧にあって鎮圧されてしまいました。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最悪レベルの原発事故

 福島原発事故は、ついに原発事故史上最悪の「レベル7」との評価がなされました。事故から1ヶ月を経過してもなお終息の見通しは明らかではありません。現場の作業員の方々は頻発する余震と高濃度の放射線という悪条件の中で、たいへん過酷な任務を強いられています。  これまでは、一般人に対しては年間1ミリシーベルト、放射線を扱う職業の人に対して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大地震と原発

 三月十一日、東北で大地震がおこったというニュースを聞いたのは、十日間休んでいたこのブログを再開した直後のことでした。  現実に起こっている事柄のあまりの重大さ、悲惨さに押しつぶされそうな気持ちになり、一時はしょせん「虚構」でしかない小説に何の意味があるのか、この事態が落ち着くまでブログを休もうか、と考えたこともありました。  しか…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

高校無償化法における民族差別

 今日国会で高校無償化法が成立し、明日の四月一日から実施されることになりました。教育は本来無償であるべきであるという理念からすれば、その理念の実現に一歩近づいたという話になるのかもしれませんが、そこから排除された子どもたちのことを考えると、この法律がむしろその理念を汚してしまったと考えざるをえません。  この法律を朝鮮高校に適用す…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

8月のアクセスが…

読者の皆様の中でBiglobeのウェブリブログを使用されている方々、8月のアクセス数が極端に減ったりしていませんか? 私の場合、アクセスレポートのページビュー(PV)数では、7月のおよそ8分の5になってしまいました。その原因は、小説の人気が落ちたせいに違いないと思っていました。第38~39話は明るい展開とは言えませんからね。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『陽気な日曜日』は有害サイト?――その2

「有害サイトアクセス制限サービス」では、ネットスター株式会社の基準に基づき、以下のカテゴリーに分類されたウェブサイトへのアクセスが制限されます。 ・ 不法(違法と思われる行為、違法と思われる薬物、不適切な薬物利用) ・ 主張(軍事・テロ・過激派、武器・兵器、誹謗・中傷、自殺・家出、主張一般) ・ アダルト(性行為、ヌード画…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『陽気な日曜日』は有害サイト?――その1

 私の携帯電話に「有害サイト制限アクセスサービス」を申し込む意志がないかどうかというメールが何度も来た。  説明には、「出会い系サイトやアダルトサイトなど、未成年のお客さまにとって不適切なウェブサイトへのアクセスを制限することのできるサービスです。」とあった。別にそういうサイトを見るつもりもないので、気軽な気持ちで申し込んだ。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

つながる歌 つながる舞 つながるいのち

つながる歌 つながる舞 つながるいのち ―戦争と女性の人権博物館建設のためのチャリティコンサート― 多くの方々の支援により、コンサートは大盛況のうちに終了しました。 今後とも様々な人と人とのつながりを大切にしていきたいと考えております。 公式サイトはこちら→つながる歌 つながる舞 つながるいのち 出演者のホームペー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

疫病と治療

 第15話の終わりに疫病とその治療の話を少し書きましたが、この3月には、我が家の子どもが疫病(インフルエンザ)にやられ、しばらくてんてこ舞いでした。土日に高熱が続いたので、月曜日に医者に連れて行くと鼻水を採取しての検査が行なわれ、インフルエンザであるという診断がなされました。そこで処方されようとしたのが例のタミフルです。この薬を飲ませて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

牧師さんの逮捕

 よく、この小説と現実の事態がシンクロしているという指摘があります。(もちろん、すべて偶然です。)  しかし、説教者が捕らえられている場面を掲載している間に、本当に牧師さんが逮捕されたというニュースを耳にした時にはびっくりしました。  直接の面識はありませんが、沖縄で平和運動をされている牧師さんです。 (その牧師さんの教会のサイト…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more