る 流布せよ世界に人権宣言

る 流布せよ世界に人権宣言
(1789年人権宣言→1804年ハイチ独立)

画像


 1789年7月14日にフランス革命がおこり、同年8月には議会でフランス人権宣言が決議されました。その第一条には「人は、自由、かつ、権利において平等なものとして生まれ、生存する」とあります。この人権宣言はフランスの植民地であったハイチにも伝わりました。

 ハイチでは、住民の約9割がアフリカから連れてこられた黒人で、彼らは奴隷として過酷な肉体労働をさせられていました。彼らが生産した砂糖は全世界の砂糖の40%を占めていましたが、その利益はすべて奴隷所有者が得ていました。これに不満を持つ奴隷の反乱がしばしば起こりましたが、そのたびに抑圧されてきたのでした。

 フランス革命と人権宣言は奴隷解放とハイチの独立を目指す運動を大いに鼓舞しました。
 1791年に大規模な奴隷の反乱が起こり、1792年にフランス議会は肌の色に関わりなくすべての人の平等を承認し、1793年にハイチの奴隷制は廃止されました。

 この中で大きな役割を果たしたのが、元奴隷のトゥーサン・ルーヴェルチュールでした。彼は独学で学問を身につけ、黒人奴隷たちを率いて闘いました。そして、1801年には独自の憲法を発行し、自治政府を宣言しました。
 ところが、フランスで実権を握ったナポレオンは軍を派遣し、ルーヴェルチュールを偽計によって捕らえ、獄死させてしまいます。
 その後フランスがハイチに奴隷制を復活させようとしたため、再び反乱が起こり、新しい指導者ジャン・ジャック・デサリーヌが、1804年にハイチの独立を宣言しました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック