年末の読書案内 スタンダール『赤と黒』その3――大西巨人『神聖喜劇』におけるジュリアン・ソレル

画像 大西巨人の『神聖喜劇』は、1941年1月から4月にかけての対馬の兵営を舞台に、二等兵として新兵教育を受ける東堂太郎を主人公とした小説です。
 戦中の日本を舞台とした小説になぜジュリアン・ソレルが関係しているのでしょうか。実はこの東堂太郎という人物はものすごく博識で、驚異的な(ほとんど超能力といってもいいほどの)記憶力を有した青年で、軍隊生活の中でもこれまでに読んだ本のことを思い出します。彼の愛読書は古今東西多岐にわたり、彼が引用した書物の題をここに書くだけでも何十頁になるかわからないくらいです。

 この東堂太郎の愛読書の一つに、間違いなく『赤と黒』がありました。彼はある事件で濡れ衣を着せられた友人の無実をはらすために上官の所に談判に行こうとします。その時の心情を彼はこう述べるのです。
「ジュリアンの『今夜おれは、必ずレナール夫人の手を握らなければならない。』という決意と怯えとの同類が、さながらその私をつかまえていた。」(光文社文庫版『神聖喜劇』第五巻204頁)

 東堂太郎は自らをジュリアン・ソレルになぞらえているわけですが、たしかにこの二人には共通点があります。まずはどちらも記憶力に優れている点です。
 ジュリアンは僧侶として出世するためにラテン語の新約聖書を丸暗記しました。彼がレナール家の家庭教師になった時、子どもたちに適当に聖書のどこでも開かせ、そのページの冒頭を一言言わせただけで、まるまる一ページをラテン語でそらんじてみせるということをやってのけます。
 ジュリアンのこの暗記能力は天性のものというより努力のたまものという気がしますが、それに比べ、東堂は一度読んだり聞いたりしたことは労せずして覚えてしまうという生まれながらの特殊能力を持っています。
 この能力によって東堂は新兵いじめの常套手段を何度も逃れることに成功します。例えば大前田軍曹が銃の各部の名前を言ってみせ、それを新兵に復唱させようとします。これまで聞いたこともないような細かい部品の名称を一度で覚えられることは普通はありません。言えなければ「軍人精神」が足りないとして殴られることになっていました。しかし、東堂は持ち前の記憶力でそれを言ってのけ、ビンタをしようとしていた軍曹の機先をくじいてしまいます。

 ジュリアンと東堂との共通点はもっとあります。それは二人とも自分の本質を隠そうとする仮面をかぶっていながら、それを見透かされてしまっている点です。
 ジュリアンは身分の差が固定化された王政復古の社会に生まれたことを呪っていますが、彼はそんな社会で出世するために自分の考えを隠しています。しかしながら、彼を小さい時から可愛がっていた神父や、彼を愛するレナール夫人は彼はそういう人間であることを見抜いてしまいます。
 東堂もまた自分の考えを隠しています。彼は当時非合法であった共産党の党員を親友に持ち、日本の中国侵略が正義の戦争ではなく帝国主義戦争であると考えていました。しかしながら、結局戦争を防ぐために何もできなかったことで「虚無主義者」となり、この戦争で死んでもかまわないという気持ちで軍隊生活に入ります。ところが、軍隊における奇妙な命令――「知りません」と言ってはいけない。「忘れました」と言え――が、「忘れる」ということのない彼の個性をまさに押し殺すものであったために、彼はそれに抗わずにはおれなくなってしまいます。表面的には彼はあくまで軍の規則を忠実に守ろうとしていますが、持ち前の記憶力でその規則の間の矛盾を突いていきます。こうした態度はある者にとってはただの偏屈な変わり者と見なされるだけですが、元左翼で今は根っからの転向者である上官にはひどく睨まれ、反軍思想の持ち主であろうと見なされてしまいます。
 
 こうした共通点を持つ東堂がジュリアンに親近感を抱くのも当然のことでしょう。しかも、友人の無実をはらすために上官に上申をおこなうというのは、それまで彼がおこなってきた屁理屈をこねて軍の規則の矛盾をちまちまと突くという形での反抗、東堂自身の言葉で言えば「鱓(ごまめ)の歯軋り」(第四巻385頁)とは異なり、実質的な意味のある行動です。この乾坤一擲の場面で東堂がジュリアンを思い出すのは、相当『赤と黒』に入れ込んでいる証拠ではないでしょうか。

 この東堂太郎は、作者大西巨人の分身のような人物であり、東堂のジュリアンへの親近感はそのまま作者自身のスタンダール評価を表しているものだともいえるでしょう。
神聖喜劇 (第5巻) (光文社文庫)
光文社
大西 巨人

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック